かっこよくトリックをきめろ!アグレッシブインラインスケート

出典:http://benefitmobile.seesaa.net/

今回はインラインスケートの中でももっとも色んな意味でハードなアグレッシブインラインスケートをご紹介します。


アグレッシブインラインスケートとは?

アグレッシブインラインスケートはエクストリームスポーツの一種で、専用設計されたインラインスケートを用いて行う。通常のインラインスケートとは異なり、トリック(技)、スタント、スタイルに重点が置かれている。
出典:https://ja.wikipedia.org/

TVでもみたことある人は結構いるのではないでしょうか?基本的に激しく飛んだりレールの上を滑っているのがこのアグレッシブインラインスケートです。

 

どんなトリックがあるの?

トリックには主に2系統あります。

・グラインド

090418_E59F8EE58D97E5B3B6E382B9E382B1E3839CE383BCE5BA83E5A0B4_IMGP5817_R-23dcc出典:http://jyounanjima.blog.so-net.ne.jp/

グラインドとはレールやカーブ(角)をスケートのソールやウィールの間などで削るように滑るのを言う。スピードを付けて長いカーブを一気にグラインドできた時の感じはなんとも言えぬ快感だ。バリエーションが非常に豊富で色々な技に挑戦できる。
出典:http://inline8.web.fc2.com/

・エアー

100318_RIMG0207-b568a出典:http://jyounanjima.blog.so-net.ne.jp/

インラインのエアーはスケーターのスタイルがよく出る。単なるミュートでも人によって全然違うように見えたり。パンっと飛んでバスンと着地するエアーはスキーやスノーボードとはまた違ったかっこよさだ。
出典:http://inline8.web.fc2.com/

の2系統です。

ですが行われる環境によっては内容が大きく変わります。

・パークライド

スケートするために作られたセクションを使って遊ぶ。ファンボックスやクォーターなどの「R」を使ってのエアーやグラインドはストリートでは体験できないもの。当然、スケートのためのセクションなので安全に遊べる(やり方次第だけど・・・)。昔は(今でも)「ストリート」と呼ばれていた。
出典:http://inline8.web.fc2.com/

・ヴァート、ミニランプ

向かい合うRを往復してエアーやコーピンググラインドを決める。上級者ともなれば恐ろしいほどの高さのエアーを出す。ミニランプはバートより低いランプ。バートと違い、バーティカル(垂直面)がないRだ。こちらはエアーよりコーピンググラインドがメインで遊ぶセクション
出典:http://inline8.web.fc2.com/

・ストリート

街中のカーブ(角)やハンドレール(手すり)オブジェなど、街にあるあらゆる物を利用して遊んでしまおうとするカテゴリーだ。基本的にカーブでグラインドするのがメインとなる。
パークと違い、スケートするために作られていない物を使って遊ぶので、それを攻略するのが醍醐味。難易度は高いが、その場その場で全く違うステージが待っているので、常に新しい発見、攻略する楽しみ、自由がある。ただ単純にカーブと言っても、コンクリートや大理石、タイルなど、材質、滑り心地、攻略方法などが変わってくる。
出典:http://inline8.web.fc2.com/


すごく楽しそう!

派手好きな人におすすめしたいアグレッシブインラインスケートでしたー。

 

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る