【初心者必見】実はこんなにあった!?ロードバイクのメーカー一覧

  • 2015/10/14
  • 【初心者必見】実はこんなにあった!?ロードバイクのメーカー一覧 はコメントを受け付けていません。

出典:http://tourdehrd.blog62.fc2.com/

ロードバイクでサイクルライフを始めようと思ったのはいいけど、いざ買おうとなるとメーカーが多くて悩みますよね。そこで今回参考になるようたくさんのメーカーをご紹介していきたいと思います。


GIANT【ジャイアント】

00000032_m出典:http://www.giant.co.jp/

GIANTは台湾生まれの世界最大の自転車メーカーです。1972年創業の若いブランドですが、世界の自転車メーカーの製造下請けを多数おこなっており、その中で培った高い技術力が強みです。2002年度ツール・ド・フランス(世界三大自転車レースのひとつ)ではチーム優勝を飾るなど、その技術力は折り紙付き。加えて、世界最大というスケールメリットを活かしたコストパフォーマンスの高い製品が魅力です
出典:http://jitensha-hoken.jp/

▼HP
2016 Giant Bicycle


GIOS【ジオス】

aerolite_gb出典:http://www.job-cycles.com/

鮮やかなブルーカラーで知られる 『GIOS』。

その創業は1948年と古く、現在もイタリアのトリノを拠点とする伝統あるブランドです。
今ではイタリア国内にジオスブルーというカラーが存在するほど、その名は知られています。

『GIOS』 その最大の特徴は、鮮やかなブルーカラーはもちろん、徹底的にこだわった精度の高いフレーム。
イタリアでは、そのクオリティの高さから「イタリアブランドでありながらドイツ的な印象さえ与える」とまでいわれています。
ビルダー自身「溶接の精度の高さがフレーム作りで最も大切。

コレがしっかりしていないとプロの使用に耐えられない。現在は、デダチャイの軽量チューブをメインに使っているが、
材料を痛めないようにTIG溶接が中心。
出典:http://www.job-cycles.com/

▼HP

JOB International


BIANCHI【ビアンキ】

001s出典:https://www.cycleurope.co.jp/

 自転車のレース史上、注目されてきた色があります。

ビアンキのブランドカラー「チェレステ」は、コンスタンテ・ジラルデンゴ、ガエターノ・ベロー、ファウスト・コッピを始め、努力家の英雄・フェリーチェ・ ジモンディや、登りの芸術家マルコ・パンターニのような伝説的なチャンピオンのジャージと自転車の色として、注目されました。

ロードのジャンニ・ブーニョ、モレノ・アルゼンチン、MTBのジュリアン・アブサロンのような世界的に多くの成功を収めたチャンピョンたちは、チェレステカラーのビアンキの自転車で勝利を獲得しました。

彼らの伝説は、自転車レースの歴史にはっきりとチェレステの文字で書かれており、今なおビアンキがサポートするプロフェッショナルロードチームやMTBチームによって継承されています。
出典:https://www.cycleurope.co.jp/

▼HP

CYCLEUROPE JAPAN | Bianchi


BOMA【ボーマ】

allumer_a出典:http://www.boma.jp/

2006年、カーボン繊維商社を前身とするASK TRADINGは自転車事業部を設立、オリジナルブランドのBOMAが誕生しました。
以来、自社のバックグラウンドと欧米のロードバイクブランドを数多く手がける台湾、中国の自社/提携工場の生産ラインを生かし、カーボンフレームを中心とした高品質かつコストパフォーマンスに優れた製品を送り出しています。
BOMAでは3D解析技術を駆使して、カーボンフレーム、カーボンホイールの各部位にマッチしたカーボンシート、織角度、積層数などを分析。
最新のテクノロジーを日々追求しています。
出典:http://www.boma.jp/

▼HP
BOMA


CINELLI【チネリ】

2015_very_best_of_01出典:http://www.podium.co.jp/

「自転車は流行を追う必要はまったくない。あくまでもレースのための機材なのだ」という思想のもと、自転車界を先導する数多くのイタリアンバイクを生み出 してきたチネリ。一方、デザインに重きをおいた自転車作りをすることにより、より人間的な自転車を作り上げる事にも成功した。
「ひとつひとつの製品がアイディアを持ち、かつ愉快であること。」この言葉からチネリのスタイルが生まれてゆき、「ひとりひとりが夢の自転車を手に入れること。」という目的地を追い求めている。
出典:http://www.podium.co.jp/

▼HP

cinelli | 株式会社ポディウム


LOOK【ルック】

001出典:http://www.eurosports.co.jp/

ルックサイクルインターナショナル(LOOK Cycle International )は1951年にスキー用品メーカーとして設立され、1984年にロードレース業界初のビンディングペダル「PP65」を発表。ベルナール・イノーによる ツール・ド・フランス総合優勝へ貢献した。以来30年以上に渡り、ビンディングペダルのマーケットでは大きなシェアを持ち続けている。
出典:http://findbike.jp/

▼HP

LOOK CYCLE


ANCHOR【アンカー】

1出典:http://www.anchor-bikes.com/

人を知り、感覚を数値化する乗り手の体を探り、言葉を数値に「通訳」することから、アンカーは生まれる。

アンカーの開発思想の根底にあるのは『人を知ること』である。なぜなら、スポーツバイクを走らせるのは人だからだ。軽い、重い、硬 い、柔らかい。こういった人の感覚を、バイク開発に利用する数値へと落とし込む。感覚を数値化させ、それをフレームとして具現化すること。言わば、人と自 転車との最適な関係性を求めているのである。
出典:http://www.anchor-bikes.com/

▼HP

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー


TREK【トレック】

2出典:http://www.trekbikes.co.jp/

トレックは世界最高のパフォーマンスバイクを提供する。研究開発チームは他のどのブランドよりも開発に力と情熱を注ぎ、ハンドビルドのカーボン製 レースマシンからクラス最高の性能を誇るアルミ製モデルまで、ありとあらゆるバイクを作っている。初めてのライドから表彰台に上るまで、常にその違いを感じることだろう。
出典:http://www.trekbikes.co.jp/

▼HP

ロード – Trek Bicycle


CARRERA【カレラ】

2015_carrera_veleno_evo_a5_15出典:http://www.podium.co.jp/

1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァとルチアーノ・バラキによって設立。
設立趣旨は明快。自転車愛好家たちの夢をかなえることである。
フィットネスを手に入れることができる喜びに加え、ワクワクできる最高品質の製品を提供する。その品質は500勝を超えるプロレースでの優勝に裏付けられている。一言でいえば、他には真似のできない、真のイタリアン・テイストを運んでくれるバイクである。
出典:http://www.podium.co.jp/

▼HP

CARRERA | 株式会社ポディウム


KOGA【コガ】

4出典:http://koga-bikes.jp/

1974年、オランダにてAndries Gaastra(同国Batavus社の創業者の親族)が設立。
“KOGA”の社名は、彼の妻Marion Kowallik の頭文字との組み合わせであり、当初より、イタリア車に負けない良い自転車を作りたいという職人気質のもと、個人能力を高めるマイスター制度や、厳しい社 内組立資格制度を導入、現在も社内テストを月に1度実施している。レーサーは1974年、ツーリングは1978年、トレッキングは1982年より生産開 始。1976年以降、生産・開発拠点を現在のオランダ ヘーレンフェーン(アイススケート界でも有名な街)に移転。以降、多くの独創的な製品を世に送り出し続けている。1987年西欧へ世界初の折りたたみ車と MTBを発表。2004年フルサスのタンデム車を世界で初めて販売。1977年、ドイツに輸出を開始、続いてベルギーなど北欧諸国、英国、米国、豪州、ア ジアへ展開。
現在、19カ国の販売網を持ち、クラフトマンシップを世界中に発信し続けている。
出典:http://koga-bikes.jp/

▼HP

KOGA / ジオライドジャパン


KUOTA【クォーター】

5出典:http://www.intermax.co.jp/

クオータ(KUOTA)は、イタリアの自転車ブランドです。2001年に創業された比較的新しい自転車メーカーです。しかし、ロードバイクは国内外の数多くのレースで採用されその信頼は高いです。モノコック上のカーボンフレームに定評があります。
クオータ(KUOTA)は、弱虫ペダルにも登場する人気・評判のブランドです。
出典:http://www.eonet.ne.jp/

▼HP

KUOTA


ページ:

1

2 3

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る