いざ、しまなみ海道へ

  • 2015/4/14
  • いざ、しまなみ海道へ はコメントを受け付けていません。

西瀬戸自動車道(しまなみ海道)

総距離 59,4Km 開通1979年・2006年 起点 尾道市(西瀬戸尾道IC) 終点 今治市(今治IC)

しまなみ海道

四国愛媛・今治と広島・尾道を結ぶ全長約70kmの瀬戸内しまなみ海道には、日本で初めての海峡を横断する自転車道(瀬戸内海横断自転車道)があります。

出典 http://ameblo.jp/t-are/entry-11791245838.html

広島県尾道市尾道福山自動車道国道2号松永道路西瀬戸尾道ICを起点とし、向島因島生口島大三島伯方島大島などを経て愛媛県今治市今治ICに至る、延長59.4km高規格幹線道路国道317号自動車専用道路)である。本州四国連絡橋に本州四国連絡道路である西瀬戸自動車道を通しているという形をとっており、本州四国連絡高速道路が管理している。

一般には、西瀬戸自動車道周辺地域振興協議会が公募した愛称である瀬戸内しまなみ海道または、単にしまなみ海道と呼ばれる。
出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/西瀬戸自動車道

『しまなみサイクリングフリー』

しまなみサイクル

自転車、歩行者ともに無料  *自転車通行料金は平成28年3月31日まで期間限定で無料
『しまなみ海道』沿線の自治体ではレンタサイクルもあり、各地区15ヶ所のレンタサイクルターミナルであれば、乗り捨ても自由。

出典http://nishioka-arata.jp/archives/1647/

しまなみ海道

白線に沿って自転車道を示す青い舗装がされ、現在地から今治・尾道までの距離が表示されています。

出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/西瀬戸自動車道

しまなみ海道地図

しまなみ海道
出典 http://www.jb-honshi.co.jp/use/use_e.html


いざしまなみ海道へ

 尾道〜向島

尾道大橋(386,45m)

尾道大橋

新尾道大橋には自転車・歩行者道がありません、また、尾道大橋は道幅が狭く交通量も多いため渡船の利用がオススメ

出典 http://www.obayashi.co.jp/works/work_H733

渡船

渡船

尾道と対岸の向島の間の狭い海(尾道水道)を行き交う渡船は5航路あり、市民生活に欠かせない交通機関です。営業時間:AM7:00~PM10:00

出典 http://plaza.rakuten.co.jp/kinchan07/diary/201108120000/

さあ、むかうは向島へ


向島〜因島

サイクリングロードを進んだらちょっと寄り道

国立公園高見山(標高283m)

高見山

高見山入口から片道1,6km。瀬戸内の島々を一望できる絶景ポイント!

出典 http://www.go-shimanami.jp/guide/course/onomichi_2.html

約4km走り勾配の自転車道を通ると因島大橋に差し掛かかります。

因島大橋(1270m)

因島大橋

向島と因島を結ぶ本州四国連絡橋の吊橋で最初に完成しました。

出典 http://www.jbsi.co.jp/works/06.html

因島大橋

上層が自動車、下層が原付、自転車、歩道の2階建て構造。

出典 http://tekitofuki.ti-da.net/c156193.html

さあ、向かうは因島へ


因島〜生口島(いくちじま)

県立因島フラワーセンターを通り、またちょっと寄り道

因島水軍城

因島水軍城

因島を拠点に南北朝から室町、戦国時代にかけて瀬戸内海で活躍した村上水軍の往時をしのぶことができます。

陣羽織を着て記念撮影ができます。

出典 http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/www/section/detail.jsp?id=1402

業務時間 9:30~17:00 休日 毎週木曜日(12/29-1/1、祝日は除く)

大人 310円 小人 150円

4kmちょっとで生口橋に到着

生口橋(790m)

生口大橋

因島と生口島を結ぶ生口橋は完成時点(1991年)では世界最大の斜張橋でした。

出典 http://tabikappa.blog55.fc2.com/blog-entry-87.html

さあ、向かうは生口島へ


生口島〜大三島

生口島自歩道を6,1km走り、平山郁夫美術館を過ぎ、100mほどで耕三寺博物館へちょっと寄り道。
耕三寺博物館耕三寺博物館耕三寺は、大阪の元実業家耕三寺耕三が慈母への報恩感謝の思いを込めて建立された浄土真宗本願寺派の寺院で「母の寺」と呼ばれています。時間 9:00~17:00 休日 年中無休 料金 大人1200円 高校生700円 中学生以下無料。

出典 http://www.arch-hiroshima.net/a-map/hiroshima/kosanji.html

そして4km先に長さ800mのサンセットビーチが広がってました。

瀬戸田サンセットビーチ(しまなみレモンビーチ)

サンセットビーチ

800mにわたる白い砂浜と青い海。その名の通り夕日スポットとして知られています。

海水浴場、レストラン、キャンプ場、シーカヤック(夏場)等あります。

出典 http://tabetainjya.com/archives/cat_8/post_3435/

駐車場無料 駐車場400台

営業時間【海開き期間】 2014年7月19日(土)~8月24日(日)9:30~16:00 ※監守が常駐している時間
【通常業務の営業時間】 8:30〜17:00定休日12月29日〜1月3日アクセス【本州方面より】しまなみ海道「生口島北IC」より車で約15分。
【四国方面より】しまなみ海道「生口島南IC」より車で約10分。

サンセットビーチ

海水浴場利用料金

入場料:無料 シャワー:温水300円

「更衣室」「コインロッカー」あり

出典 http://setoda21.seesaa.net/article/225130775.html

サンセットビーチ

【その他施設】
レストラン(定休日:火曜日)
バーベキューエリア、キャンプ場、多目的グランド、研修室、野外ステージ、休憩棟などホームページhttp://onomichi-sunset-beach.jp

出典 http://setoda21.seesaa.net/article/403225578.html

1,9km走ると、世界一の斜張橋、多々羅大橋に

多々羅大橋(1480m)

多々羅大橋

しまなみ海道の尾道側から4番目の橋で、広島県と愛媛県との県境にかかる斜張橋です。

この橋は完成時には斜張橋として世界最長を誇り、その鳥が羽を広げたような美しい姿は見る者を圧倒します。

http://www.mcvb.jp/photo/detail_F_227.html

さあ、向かうは愛媛県大三島へ


 大三島〜伯方島

多々羅大橋自歩道出入り口から8,5km、瀬戸内の景色とミネラルたっぷりの温浴施設マーレ・グラッシア大三島でちょっと寄り道。

マーレ・グラッシア大三島

マーレ・グラッシア

平成13年に誕生した美しい海の恵みを心と体で充分に満喫できる複合型リラクゼーション施設です。

営業時間:AM10:00~PM9:00 休日:毎週水曜日

出典 http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/14166/CUSTOM/14166140202165555.html

マーレ・グラシア大三島

海水風呂では、海水に含まれるイオン・カルシウム・マグネシウムなどが吸収できます。露天風呂では晴れていれば夕日が眺めることができます。

出典 http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/14166/CUSTOM/14166140202165555.html

2km少し走るとサイクリングターミナル駅の道の駅

『しまなみの駅 御島(みしま)』

しまなみの駅御島

大三島町の総合観光案内所を併設した物産センターでレンタサイクルや温水シャワーも完備しています。大山祇神社が近くなので旅のお参りもいいかもしれません。

出典 http://iyokannet.jp/corporate/photo/detail/photopost_id/367/

そして多々羅温泉で疲れた体を休めるのもいいし、もう一つの道の駅『多々羅しまなみ公園』でまたまた寄り道も・・・

多々羅温泉

多々羅温泉

効能 塩化物冷鉱泉として源泉のみを豊富に使用していて、神経痛、関節痛、消火器病など

営業時間 AM10:00~PM8:00(受付はPM7:30まで)

出典 http://www.mapple.net/spots/G03800059802.htm

多々羅しまなみ公園

多々羅しまなみ公園

公園内には、水軍と海をイメージした水軍公園があり、フランスのノルマンディーからやってきたしあわせの鐘や、かぶとを型どった多々羅展望台があり、目の前に二羽の白鳥が羽を広げたように美しい世界一の斜張橋、多々羅大橋が一望できる最高のビューポイントです。

出典 http://www.oideya.gr.jp/spot/area_shimanami/sightseeing/tatara.ht

5,9km先へ走らせると、大三島大橋自歩道出入り口すぐに『鼻栗瀬戸展望台』が見えてきます。

鼻栗瀬戸展望台

鼻栗瀬戸展望台

本四連絡橋の海峡部に架けられた橋としては唯一のアーチ橋である大三島橋と鼻栗瀬戸が一望できます。現皇太子殿下の詠まれた歌の句碑があり、春になると一面に桜が咲きます。

出典 http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=J0064309

大三島大橋へいざ

大三島橋(328m)

大三島橋

愛媛県大三島と伯方島とを結ぶ全長328mのアーチ橋で、しまなみ海道の中では最初に架けられた橋です。橋が架かる海峡は「鼻栗瀬戸」と呼ばれ、最高7ノット(時速約13km)以上の速さで流れる海の難所の一つです。

出典 https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx

SearchKey=20001000398&GroupCD=0&no=

さあ向かうは伯方島へ


伯方島〜大島

は・か・た・・・・は・か・た・の・し・お!ちょっと見に?ちょっと寄り道

マリオンオアシス伯方

マリオンオアシス伯方

営業時間 9:00~17:00

レストラン 10:00~15:00 年中無休

砂浜に面していて、塩ソフトクリームや伯方の塩を販売しています。

出典 http://irc.iyobank.co.jp/topics/close-up/no023.htm

少し走ると船折瀬戸へ

船折瀬戸

船折瀬戸

島と鵜島の間の狭い瀬戸で名の由来になっている船も折れるほどの潮流が川のように流れます。引き潮と満ち潮で流れる方向も変わるため海の難所として知られているそうです。

出典 http://blog.goo.ne.jp/iga009/e/b9bea4e3b9818efc6fc054a36fb747ff

伯方・大島大橋の自歩道出入り口まで1,5km

伯方・大島大橋(325m・840m)

伯方・大島大橋

船折灯台、船折の瀬戸といったこの付近を航行する船にとっては、ありがたくない名前の付く急流をまたぐのが、1988年に開通した伯方大島大橋です。けた橋の伯方橋(全長325m)と、つり橋の大島大橋(全長840m中央支間560m)がドッキングした珍しい構造とのことです。

出典 http://itssco.net/hp_jinrokudo/kanto_hakatakai.html

さあ向かうは今治へラスト・ラン


大島〜来島海峡〜今治

大島に着いたらカレイ山展望台にちょっと寄り道

カレイ山展望公園

カレイ山展望公園

大島の北端、標高202mのカレイ山山頂に位置する公園。能島城跡、船折瀬戸の急流が見下ろせます。

(キャンプ場、遊歩道あり。)

出典 http://iyokannet.jp/front/summer-fireworks/detail/special_id/20/

カレイ山キャンプ場

カレイ山キャンプ場

宿泊利用:1000円

使用料:大人300円 小人150円

貸出テント:2000円

持ち込みテント:1000円

テント13区画 炊事棟1

開設期間 通年

出典 http://www.minimalist-interiordesigner.com/

よしうみバラ公園を超えて、超難関な走行になる標高307mの亀老山の亀老山展望公園へ

亀老山展望公園

亀老山展望公園

来島海峡大橋が真下に望め、今治の町並みから高縄半島の山々、東に目を向ければ向こうに石鎚を中心とした四国山地が望めます。パノラマ展望台ブリッジからの沈む夕日、ライトアップされた来島海峡大橋、今治市街の夜景は素晴らしいの一言です。しまなみ海道最高の眺望を有します。

出典 http://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g1022356-d1383854-i91093460-Mt_Kiro_Observatory_Park-Imabari_Ehime_Prefecture_Shikoku.html

かなりハードな最後を走りきり、最後の休憩に

道の駅 よしうみいきいき館

道の駅 よしうみいきいき館

道の駅「よしうみいきいき館」は、世界初三連吊り橋「来島(くるしま)海峡大橋」のたもとに位置します。

営業時間 レストラン・喫茶:午前10時~午後5時

休館日 元旦(GW、お盆は無休)

出典 http://umen910.blog.fc2.com/blog-entry-547.html?sp

ラストの橋、来島海峡大橋へ!

来島海峡大橋

来島海峡大橋

来島海峡をまたぎ四国・今治から大島へと渡るこの橋は世界初の3連吊橋です。総延長4kmの三つの橋の雄大さには圧倒されます。第3大橋第2大橋世界第14位15位です。

出典 http://wondertrip.jp/domestic/9097.html

大島側より第一大橋、中央に第二大橋、今治側に第三大橋となります。

来島海峡第一大橋(960m)

第一大橋

78m眼下の海面には、日本三大急流の渦潮が見られます。(大潮の引き潮がオススメ。日時を事前にチエックしとくといい)

出典 http://ww8.tiki.ne.jp/~k-murakami/br-kurusima/big/kurusima10.jpg

来島海峡第二大橋(1515m)

第二大橋

途中で自転車と一緒にエレベーターで馬島を下りることができます。

出典 http://ww8.tiki.ne.jp/~k-murakami/br-kurusima/big/kurusima09.jpg

馬島

馬島

四国と大島との間の来島海峡の最も四国寄りに位置し、西から馬島、中渡島、武志島、毛無島と並んでいます。東岸が中水道、西岸が西水道と呼ばれ、行きかう船舶は多く、周辺は急潮で知られています。

出典 http://www.meiwakaiun.com/meiwaplus/closeup/closeup-vol33.html

来島海峡第三大橋(1570m)

第三大橋

来島大橋3つめの橋で今治市と馬島を結びます。

出典 http://ww8.tiki.ne.jp/~k-murakami/br-kurusima/big/kurusima08.jpg

ゴールはもうすぐ!今走ってきたこの長い橋を一番見える場所に・・・

来島海峡展望館

来島海峡展望館

日本三大潮流の一つ来島海峡と来島海峡大橋のすばらしい眺望が楽しめる絶景スポット!

出典 http://ehime-film.com/cat6/63283.html

自転車歩行者道路を下りたら今治に。

これで尾道〜今治のしまなみ海道制覇!

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  2. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  3. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  4. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る