気持ちよく登るための秘訣!登山におけるマナーについて

  • 2015/8/19
  • 気持ちよく登るための秘訣!登山におけるマナーについて はコメントを受け付けていません。

出典:https://ja.wikipedia.org

山登りにもしっかりとしたマナーやある程度の作法があります、今回は登山における基礎的なマナーについてご紹介します


挨拶をしよう

ZN35266-2
出典:http://news.jorudan.co.jp

山に登る者同士、決して他人ではありません。

挨拶をしあう事で、気持ち良い気分で山登りが出来ます。

すれ違うときは「こんにちは」、追い越すときは「お先に」と挨拶をしましょう。

挨拶は登る側から。下りの人は、登る人から挨拶されるまで待ちましょう。
出典:http://www.fujisanpo.com

同じ志を持つものとして、挨拶から会話に発展したり、交流を深める事も出来ます。


ゴミは持ち帰る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

至極当然のような気もしますが、自分で用意したものも管理できないようではいけないですよね?特にペットボトルや、割りばし等が要注意です。

但し、山小屋の売店で買ったものから出たゴミに関しては、基本的に山小屋で回収してくれます。
出典:http://www.fujisanpo.com


耳をふさがない

DSC03787
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

せっかく自然を堪能するために登山に来ているのに、音楽を聴いていたりしたらもったいないですよね、それに登山道によっては落石や熊出没等があり、それらの危機を察知するためには、耳は重要なファクターとなります。


登り優先で

e879b4e22ab4b26234a5e328fb58ba14
出典:http://blog.goo.ne.jp/yamakawa_trek

登りの方が体力を使います、登りの人はペースを安定させたいという事もあり、基本的に下りの人は登りの人を優先してあげましょう。

 登山道は基本的に登り優先である。これは、登りの人は体力的にきつくペースを変えたくない、というのと、下りの人のほうが相手に気づきやすく、すれ違う場所も探しやすいため。

ただし、登り優先のルールは状況にもよる。登りの人数があまりに連続したら、下りの人はなかなか前へ進めない。そんなときは互いに声かけし、譲り合うことが大切だ。
出典:http://sangakuisan.yamakei.co.jp


マナーの悪い行為とは?

ここでいうマナー違反というのは、日常生活でも言えるレベルの事でもあり、しっかりとした良識を持っていれば問題はありません。

落書きをする

山にはしっかりと所有者が居ます。他人の所有物に勝手に落書きなんて普通しないですよね?

立ち入り禁止は立ち入り禁止

植物保護のために柵を用意している場所は当然の如く立ち入り禁止です、写真を取りたかったり、休憩したくてもダメな物はダメです。

これに関連して、基本的に山の植物や花を持ち帰らない、というのがあったりします。

トイレは山のルールに従う事

普段のトイレとは勝手が違う場合があります、(紙は流さない等)


一番大事なのは、お互いを気遣う心

マナーと呼ばれるものの根幹に根差すものは、他人であったりします。お互いが気分をよくできるようにするのがマナーなのです。

そのためマナーには必ず人間が関わってきます。あなたの行動が他人を幸せにすることもあれば、いやな気分にさせてしまう事もあるのです。

それらの指標として存在するのが、登山マナーです。しっかりとしたマナーを覚えて、お互いに気分よく登山が出来るように心がけましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  2. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  3. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  4. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る