人は勢いだけで登山が出来るのか!?軽装で高尾山にチャレンジ!前篇

  • 2015/8/28
  • 人は勢いだけで登山が出来るのか!?軽装で高尾山にチャレンジ!前篇 はコメントを受け付けていません。

高尾山…いいですよね、低めの標高と多くの観光客、何よりお手軽。

この前高尾山登ってみたけど、すごい楽しかった~。初心者でも登れるよ~
登山靴とかいらないもんな~すごいお手軽だぜ~

お手軽…?そうか…お手軽か…

そんなにお手軽だったら、用事終わりとかでも気軽に登れるんじゃね?


まずは下ごしらえ

DSCN0426

まず、用事を済ませた自分は、とにかく上記のノリで高尾山へ向かう事にする。

、流石に最低限の準備位はしようと考えた、といっても、買い物とかはしていないケド。

今日のお天気と時間確認

少なくとも、八月とはいえ夕方には下山している必要がある、丁度出発が12時…余裕でいける!

後お天気チェック、降水確率少しでもあったら

やめておけといわざるおえない。まだ死にたくないし。

後気温、今回は幸いにして日が差しておらず、そのままの服装で登っても問題なかったヨ。

持ち物チェック

現在手元にあるのは、シザーバッグのみ。

登山家からすればこの段階でナメてるとしか思えない装備なわけだけど、これしかないからしょうがない。

一応手ぬぐい位は入っている、紳士のたしなみです。

服装チェック

勿論、突発的に登るとなれば、スポーツウェアはなし、ジーパンと普通のシャツというラフラフしいスタイルでの登山。

とはいえこれくらいならこの時期の高尾山にはちょうどいいのかもしれない。

コースチェック

高尾山には1号路から6号路までのコースが存在している。

一号路以外は今回考慮に入れない。だって舗装されてないんだもん。しんどそうなんだもん。

軽装であるが故に、無理のないコース選びは必然ともいえるだろう。


 

ここから始まる高尾山

DSCN0429

さていざ高尾山口へ、この時期なので人もいっぱいいますねぇ。

団体さんだったり、カップルだったりがゾロゾロ居るんですが、当然勢いだけでここに来た自分には、当然そんなフレンドは存在せず

ソロで高尾山を攻略する事に、しくしく。


どうやって登るかが肝要

まずはコースを確認することに

ホッホウ、ロープウェイがあるのは知っていたけど、リフトもあるのか。

いやいや、自分は参拝に来たのではなく、登山に来たんだっつーの

こんな文明なんぞには頼らない、自分の足で登ってこその登山といえるだろう。

山男
もしかして、その恰好で一号路一から登るん?やめた方がいいよ?ロープウェイかリフトで中間地点まで行って、そこから山頂を目指したほうがいいよ

又々~そんな事言ってビビらせちゃってさ、一号路はお手軽だって自分でも知ってr…

 

 

 

 

DSC_0032

いやぁ、いい景色だなぁ(棒)

結局エコーリフトに乗る自分の図

唐突に手のひら返して申し訳ないんですが、景色がいいのはマジです、すごくいい眺めですよコレ。

ちなみに一号路がお手軽って言われてるのは後半部分で、実は前半部分は急な坂が続くからしんどいそうな、後々調べたらこんなんが出てきた。

お手軽高尾山と余裕こいていたら、いやはやかなりしんどいですよ。
話が違う。とも思いましたが、勝手に楽だと思い込んでいただけなので黙ってました。

出典:http://aktokaiuhito.sakeblog.net

わぁお、山男さんありがとう。

ちなみにこれはリフトに乗りながら撮影しました、少々揺れるので、撮影の際にはストラップ等を首にかけたりしましょう。


 オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い女坂をよ!

DSCN0445

薬王院に向かって歩くと、あの有名な男坂・女坂が。

男坂は近道だけど階段がしんどい、女坂はゆるい代わりに距離がある。

うーむ、悩む所ではあるけれど、時間がないわけでもないし、景色を楽しむのもあって今回は女坂を選択、いぇい。

DSCN0448

ここらへんだとハイヒールを履いた女性客も多い様子、まぁロープウェイあるしね。


ともすれば薬王院

DSCN0451

リフトから降りて少し歩くと薬王院付近、めっさ人が居る。

茶屋があったり、お土産売ってたりと賑やか、後カップルがチョロチョロ。

郊外とは思えぬ人混みに圧倒される自分。ちゃんと予定立てて友達とくればよかったなと軽く後悔しつつも、何だかんだでテンションが上がってしまう、これが山パワーなのか…ッ。


人は勢いだけで…登山出来る!…のか!?

さて、ここからが登山…という所で、次回に続きます

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  2. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  3. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  4. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る