一度はやりたい!日本のスカイダビングスポット4選

  • 2015/5/19
  • 一度はやりたい!日本のスカイダビングスポット4選 はコメントを受け付けていません。
一度はやりたい!日本のスカイダビングスポット4選 img

出典:http://japaneseclass.jp/
ハワイなどの海外アクティビティーとして人気のあるスカイダイビングですが、もちろん日本国内でも楽しむことができます!なので今回は、日本で安心して楽しめるスカイダイビングスポットを紹介したいと思います。スカイダイビングは非日常を楽しめるのでとてもおすすめです!


関東【東京スカイダイビングクラブ】

都心から一番近いドロップゾーン

P1030184

出典:http://skydive.jp/?m=201105

手軽に、そして安全にスカイダイビングを体験できるのがタンデムスカイダイビングです。
2人用のパラシュートを装備したインストラクターとハーネスで固定し、航空機より飛び出します。飛び出す高度は日本国内では最高高度約3,800メートルと富士山よりも高く、スカイツリーや富士山、天候に恵まれれば東京湾も一望できます!

まず20分間の遊覧飛行後にダイブアウト!!
飛び出してからの約50秒はパラシュートを開かず、本物のフリーフォールを楽しみます。その後、地上約1200メートルでパラシュートを開き、10分ほど空中遊泳を楽しんだ後着地。特別な訓練を受けなくても、簡単なレクチャー(約10分)を聞くだけでOK!

【価格】32,000円〜48,000円

出典:http://www.tokyoskydivingclub.jp/mm01_tan.html

HP:東京スカイダイビングクラブ


関東【スカイダイビングFast】

ジャニーズの嵐とも飛んだ!合計9000回もダイビング経験がある安心と信頼の会社!

スカイダイビングFastダイビング写真

出典:http://www.skydivefast.com/

延べ9000回以上の経験がある世界でもトップレベルのプロスカイダイバーと一緒に、手軽に安全にスカイダイビングを体験できます。ドロップゾーンは流域面積日本一の利根川沿いなので、海まで続く迫力ある景色を楽しむことができます。もちろん、その他にも富士山なども眺めることができます。

【価格】39,800〜49,800円

出典:http://www.skydivefast.com/

HP:スカイダイビングFast


関東【スカイダイブ藤岡】

他の関東のダイビングクラブとは違い少し都会から離れ、自然に囲まれた景色を楽しむことができます!

スカイダイブ藤岡

出典:https://www.facebook.com/skydivefujioka/photos/

こちらは、都会から離れた位置にあり、東は筑波山、西は富士山、南は東京副都心・東京湾、北は日光連山。360度の大パノラマが広がります。都会の雑踏を離れ、水と緑と空気が満喫できます。

ドロップゾーンは「スカイダイビング」「熱気球」「ウルトラライトブラーン」が共同で利用しています。好天に恵まれるので、スカイスポーツの拠点となっています。上空へは世界でも珍しく、ヘリコプターを使用して、4000mまでわずか8分で到達します。そして、上達するためのコースもあり、趣味にしたい方にはおすすめです!

【価格】不明(※PDF形式の資料請求でご確認ください)
出典:http://www.skydivefujioka.jp/index.html

HP:スカイダイブ藤岡


関西【スカイダイビング関西】

関西唯一のスカイダイビングができるスポット!

スカイダイビング関西
出典:http://skydiving-kansai.com/

兵庫県豊岡市にあるスカイダイビング関西は、西日本で唯一のスカイダイビングができるスポット!

日本海側に位置するので、上空3,500メートルから日本海はもちろんのこと、視界が良ければ日本三景の天橋立まで一望できます。シーズン中は平日・週末問わず毎日開催しているので、北は北海道、南は沖縄まで、各地からお越し頂いております。気軽にスカイダイビングができる体験コース、本格的にスカイダイバーを目指すスクールコースからお選び下さい。

【価格】50,000円
出典:http://skydiving-kansai.com/

HP:スカイダイビング関西


以上が国内のオススメのダイビングスポットです!!予算的には平均40,000円前後ですね。
どれも特徴があり、初心者にもすぐできるようなので是非いってみてください!

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  2. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  3. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  4. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る