ランニングでの足への負担!正しいアイシングの方法について

  • 2015/8/12
  • ランニングでの足への負担!正しいアイシングの方法について はコメントを受け付けていません。

出典:http://www.oshmans.co.jp

ランニング、というのはほぼ0円からスタートできる運動の一つ。
というのは誰の目からみても明白ではあります。

しかし、決して必ずしも楽で安全というわけではありません。

ランニングは道具もいらず、簡単に始められる有酸素運動だ。

だが、簡単に始められるとはいっても、負荷は決して軽くない。

特に走り始めたばかりの方は、適切なケアを怠ると、膝や足首、腰、それに踵などを痛めてしまうことがある。

特にダイエット目的の人は太っている状態で無理に走るので、ケアをしないと故障の確率が高くなる。

僕自身太っている時代に何度も膝や腰が痛くなってランニングが続けられなくなり、せっかく習慣化しかかっていたダイエットも一緒に頓挫してリバウンド、という、心身ともに痛い経験を何度もしてきた。
出典:http://www.ttcbn.net

と いうわけで、今回はそんなランニング初心者の為の足へのケアの一つである「アイシング」についてご紹介します!


アイシング とは?

P1000681
出典:http://www.ginoshatai.com

アイシングとは、氷や水などを用いて身体を局所的に冷却することを指す。アイシングは負傷・疾病に対する応急処置(RICEと呼ばれる、負傷時に行うべき4つの応急処置法の一つである)、運動時の負傷の防止や筋肉痛・疲労蓄積の軽減、止血などを目的として行われる。
出典:https://ja.wikipedia.org

つまり、運動した後の足等の負担を軽減するための行動ということです。

特に、ランニング後の足は疲労により熱を発しているため、それらを適切に冷やす事で故障を未然にふせくことができます。


アイシングの具体的な方法について

s003
出典:http://www.hnt.co.jp

アイシング自体に特別な道具は必要ありません、というか、場合によってはシャワールームで手軽に行えます。

冷水シャワー等で、膝や太もも等の負担のかかった部位を冷やしてあげると効果的でしょう。

(シャワーの温度は季節、自分の体質に合わせて微調整しましょう)

時間も数分程度しっかり冷やせば問題ありません。

これならお金もかからないで簡単にアイシングができそうです!


保冷剤を使ったアイシング

131148018339313216075_DSCF0661出典:http://623-810.at.webry.info

また、シャワー以外にも効果的なのは、ケーキ等にも使われる保冷剤です、患部に当てて数分、これでも同じように効果が働きます。

ただし、直接当てると凍傷を起こすので、必ず布で包んでから使いましょう。

また、効果の違いもあり、冷水シャワーより多少時間を多く見ておくのもポイントです。


実際に得られる効果

yun_3220

実際、その場で得られる効果は大したことがない場合がほとんどです。アイシングの効果が得られるのはどちらかといえばその翌日、早朝起きた時などです。

アイシングをしていない場合、張りや疲れが翌日に残ります、疲労は熱から来ているので、アイシングをしていない場合はランニング後の熱がそのまま残ってしまう=疲れ として現れます。

アイシングによって熱を抑える事によって、翌日の疲れを軽減し、フレッシュな気持ちで次の日を迎える事ができるというわけです!

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る