有酸素運動と無酸素運動の使い分けとダイエットの秘訣!

  • 2016/1/20
  • 有酸素運動と無酸素運動の使い分けとダイエットの秘訣! はコメントを受け付けていません。

出展:http://lifekickers.com/

10代女性
有酸素運動?名前だけは聞いたことあるけど…
20代女性
ダイエットにはランニングが良いって聞いたからランニングやってるんだけど…

確かに、ダイエットにはランニングが効果的、というのは一般的ですね。運動するダイエット法としては最も一般的です。

ですが、なぜ痩せるのか明確に分かっていない人も多いかと思います。

今回は、なぜ痩せるのか?と、有酸素運動と無酸素運動の違いと役割についてご説明します。

 


◆そもそも有酸素運動って何さ?

dsc0013020110622_328

出展:http://dokusan.sblo.jp/

運動には、有酸素運動と無酸素運動という2つの種類が存在します。

有酸素運動

・長時間、弱めの力で筋肉を使う運動。主に体脂肪[1]が燃焼されていく。
・ある程度(20分程)行わないと効果が現れない。
・エアロビ・水泳・ランニング・自転車等

無酸素運動

・瞬間的に強い力を使う。主に糖質[2]を燃焼させる。
・短時間でも効果が表れやすい。
・筋トレ・短距離走

 

これは何を意味するのかといいますと、運動する種類や方法一つで、鍛えられる場所は勿論、分解する成分も異なってくるということです。

 

※[1]脂肪:これを減らしたい。日常生活や有酸素運動によって分解される。
※[2]糖質:減ると人間の身体は脂肪を代わりに分解して補おうとするので、一応効果はある。

 


◆つまり有酸素運動がダイエットに効果的って事でOK?

lgf01a201407280300

確かに実質的に有酸素運動がダイエットに効果的なのは間違いありません。ダイエットなら脂肪を燃焼させるべきです。

が、無酸素運動がダイエットに意味が無いという事でもありません。

というより、ダイエットということであれば出来ればどちらもやるのがベストです。

なんじゃとて!?
どっちもやるのは大変じゃない!?

そうです、なので多くのダイエット関係の寄稿は、有酸素運動をして脂肪を燃焼させて痩せよう!という記事が多いと思います。

ですが、本当に 本当に 本当に ダイエットに対して高い意識のある方は、どちらもやる事をオススメします。無理にとは言いませんが。

 


◆じゃあどっちもやる明確な理由はなんなのさ!

lgf01a201312011400

はい、説明が無いと納得出来ませんよね。ご説明いたします。

有酸素運動が効果的に働く時間は20分からです。一見すると何だそんなことかと思いがちですが、20分ジョギング、20分ランニング、20分自転車…

習慣化している人なら問題ないですが、これから始めるという方は非常に厳しいと思います。

勿論、いきなりこれくらいやれと言われて長続きしないのは明白です。ので、一日5分、10分だけ…といった具合に、緩い条件で少しづつ慣らしていくというのがセオリーになっています。

これに関しては筆者である私もそう思います。いくら痩せたくても続かなければ意味がありませんし、ダイエットは続けるのが最高の条件ですからね。

でも…気が遠くないですか…?

 

この20分を短くする鍵が無酸素運動にあります。

というのも、日常的に燃焼される脂肪は脂肪酸[3]とグリセロール[4]によって分解されています。これを人為的に行うのがランニング等です。

そして、脂肪を分解する際に同じ働きをする成長ホルモン[5]は、自然分泌の他に筋肉のトレーニング等によって分泌されます。

つまり、予めランニングの前に筋トレをする、といった運動を行うと、本来15分から20分程度かかる脂肪燃焼効果が短縮されるという事です。これならあまり外で運動しない人でも上手くやれるかもしれませんよね。

成長ホルモン?グリセロール?なんだか分からなくなってきたけど…

レーシングカーで例えるなら、マシンのコンディションをレースに最適化するためにエンジンを暖めたり、慣らしてからレースに望むようなイメージです。

 

その他にも一緒に行った方がよい理由があります

 

※[3]脂肪酸:有酸素運動によって分泌され、体内の脂肪を分解する。
※[4]グリセロール:脂肪酸と同じ、体脂肪を燃焼させる効果がある。糖質が減っても分泌される。
※[5]成長ホルモン:身長の伸びだとか筋肉に影響する。22時~2時の間が最も活発。つまり寝る子は育つ。

 


◆テンポよく健康的なダイエットには、肉体作りが大事

lgf01a201304210500

さて、有酸素運動と無酸素運動、出来ればどちらもやっておきたいというのは伝わったと思います。

他にも理由はあります。

ダイエットは、同じことを続ける事が大事ですが、同じことを続けても効率が落ちてしまうのです。

な…なんと言ったか!?
矛盾してません?

10キロのダイエットに成功したとしても、同じ方法を続けても同じ期間に同じように10キロ痩せるとは限らない、ということです。

これは、ダイエットによって肉体が軽くなり、同じ運動でも脂肪の燃焼量に差が出来る事から生まれます。いわば10キロの重りから開放された状態なんです。

また、軽くなったと言うことは、普段使う筋肉も衰える事につながります。

つまり、有酸素運動は確実にダイエットに効果がある反面、長く続ければ続けるほど効果が減っていく。ということです。

有酸素運動でも痩せますよ、効率悪いけどね」ということです。

 

なので、そういった部分を筋トレで補ってあげるのが最適ということですね。

 


◆一番大事なのは、続ける事

l_026

ここまで偉そうにご校閲を垂れておいて結論がコレというのも拍子抜けしてしまうかもしれませんが。これが一番です。

これまで有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた効率のよいダイエットの解説をしましたが、これでも効果が現れるのには数ヶ月の期間を有します、ダイエットとは気の遠い作業であることに間違いありません。

ですから

「大変だなぁと思うなら筋トレはしない」
「とりあえず5分だけでもランニングしてみよう」
「外へ出るのは大変だから、筋トレでがんばろう[6]

これらはどれも正解です。無理して続ければ身体を壊す恐れもあり、単純に続かないと思います。

どうせダイエットするなら、楽しく趣味感覚で続けられたらいいと私は思っています。

※[6]筋トレでダイエット:一応アリ、ただし糖質を減らしても、体脂肪はさして減らないのでやはり軽いランニングはしてほしいです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る