初心者必見!購入必須スノーボードアイテム4選!【装備編】

  • 2015/8/7
  • 初心者必見!購入必須スノーボードアイテム4選!【装備編】 はコメントを受け付けていません。

身近なものは揃った!やっぱりスノボは楽しい!けれど、そろそろ自分の装備が欲しい…けど、どれをどう揃えたらいいんだろう…ってなりますよね。

今回は、装備一式についてどのような役割を担っているか、をご紹介します!


どの点に重点を置いたらいいの?

DSC_0467
出典:http://www.ici-sports.com

まず一番重要なのはデザインです。自分の好きなデザインの装備を整える事がモチベーションアップや、自分を出すことに繋がってきます。

次に年頭に入れておいてほしいのは、安すぎる商品にはある程度警戒することです。確かに安くていいものもあるのですが、安価なものは耐久性に難がある事が多いです。せっかく自前の装備を買うんだったら、長持ちするもののほうがいいですよね?

値段を抑えるには仕方ない事かもしれませんが、生地が薄すぎるウェアで、何回も斜面に座るというのを繰り返していると、すぐに冷たくなってきて、それが気になって滑っていても楽しさが半減してしまいます。

特にスノボー初心者の内は、こける回数が多くなり雪と触れる回数が多いので、冷たさはできる限り抑えられるウェアの方がより楽しめます。

また、防水面だけでなく、生地が薄いとリフトに座ったときにも冷たさが伝わりやすいという事もあります。
出典:http://snownote-web.com


グローブ

d949c6ff
出典:http://tebukuro.livedoor.biz

手は人間の体の中でもデリケートな部類の部分です。それらを保護するためのスキーグローブです。

傾向として、高くなればなるほど伸縮性と防水性に優れている傾向にあります。特に慣れないうちは手が動かしにくいと思います。

低価格帯から選ぶならば、防水加工がしっかりとなされているものをチェックしましょう。防水加工がしっかりしているかで防寒性が大きく変動します。

スキーグローブとスノボグローブの違いは、ストックの握りやすさです。スキーはストックを持つことを前提としていますので、ストックを持ちやすく、 また持つ部分が痛みにくくなるようにしっかりと手のひら部分が補強されています。スノボではストックを持ちませんので、そうした補強材はありません。また、スノボグローブでは五本指になっていないものもあります。

ですので、スキーグローブでスノボをすることはできますが、スノボグローブでスキーをすることはできないこともあります。
出典:http://snow.tabiris.com

また、近年ではインナーとアウターに分かれて、選択をするときはインナーだけでよい、というメンテナンス性の高いものもあります。


ゴーグル

IMG_2363_1600
出典:http://1590391masayan.blog.so-net.ne.jp

ゴーグルを選ぶ時に気になる点としては

  • 視認性
  • 密着性
  • デザイン

等です。

この場合のデザインは、ウェア等と参照した場合のデザインです、特に顔部分の装備なので、ウェアとの関係が強く出る傾向があります。

また、雪が入ってこないような高い密着性、つけていても保たれる視認性は、チェックの対象です。

また注意してほしい所は、他の装備以上にユーザーによる個人差が強いという点です。顔のサイズや好みなどで、使用感も雰囲気も変わってきます。ネット通販等で購入する場合は要注意です。

また、ゲレンデの見えやすさなどは、ゴーグルのカラーによっても変わってきます。

晴れのとき、曇りのとき、雪のときなど、状況によって見やすいカラーがあります。

単純に考えると当たり前な気がしますが、ゴーグルを購入する時は自分の好きなカラーだけで選んでしまいがちですので、カラーの違いも知っておくと違った選択肢も出てくるかも知れません。

私はゴールドの商品を見たときに物凄い気に入ったので、迷わずゴールドにしましたが、ゴールドは曇りの日の視認性が、他の色に比べると落ちるカラーです。
出典:http://snownote-web.com


ウェア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典:http://blog.livedoor.jp

ウェアに関しましては、上記しました通り、品質とデザインが重要になってきます。

特に耐久性には目を配ったほうがいいです、特にこの点に関していえばスペックよりは、レビューのほうが参考になるケースが多いです。

また、「どうせ今年だけしか使わないし、続ける事になったら買い替える」となってくると、非常に効率が悪いので、やはり最初から気に入ったデザインのウェア、耐久性を意識したほうが、結果として安く済むといえるでしょう。

中途半端なものですと、一番後悔するかもしれません。まぁまぁの値段したのに、すぐ買い換えたくなるからです。
(作りが微妙で使っている内に、結構早い段階で冷たくなりやすくなってしまったり、デザインが気に食わなくなったり。)
出典:http://snownote-web.com


ブーツ

20121101nikezoomdkqs
出典:http://www.gizmodo.jp

ブーツは靴を買うのと同じように、履き心地を第一に考えるとよいでしょう。

特にスキーもスノボも足を多く使うスポーツなので、ここでの快適さは、後々の上達やモチベーションにかなり響きます。

ブーツに関しては、実際に店舗で履き心地を確かめながら選ぶことを強く推奨します。

スノボでは前傾する動き(足首が曲がっている状態になる動き)が多いので、ブーツ購入時には、前傾しても痛くないかどうかを確認します。

垂直に立った時に痛くないブーツでも、スキー場に行き実際に滑ってみると痛い場合があるからです。
出典:http://snownote-web.com


注意点が多かったけど、結局の所どこが一番大事なの?

やはり一番大事なのは、見た目です!お気に入りのウェアや装備で滑るという事が一番のモチベーションアップにつながります。またお気に入りということは、(耐久性等の話はおいておいて)長く使っていけるということになりますよね。

是非ともみなさんも、お気に入りのスキー装備を探してみては?

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る