初心者必見!スキーの滑り方講座

出典:http://rusutsu.co.jp/

最近では若年層も積極的にするようになったとされるスキー、実際に滑るとなると最低限の滑り方を把握している必要がありますよね。

今回は初心者向けのスキーの滑り方をご紹介します。


◆スキーを「楽しい」にするために

exp015
出典:https://retrip.jp/articles/

友達と一緒にスキーに行く際に、合わせて中級者向けコースに連れて活かされる場合もありますが、滑った事がない場合にはできるだけ初心者向けのコースを選びましょう。

傾斜20度は初心者にとっては絶壁と変わりありません。

子供は転ぶことを怖いと覚えてしまうと、
滑ることを怖がってしまいます。
ですから、「滑れる!」という体験を積み重ねて滑れることを
「楽しい!」と思わせましょう。

そのために、転んでも足が絡まないようにスキーは短めの物を選び、
超初心者のうちは、超緩斜面で滑るのがお勧めです。
出典:http://kurasinomamechisiki.com/


◆まずは転ぶことから

126440696120416402261
出典:http://ruu8713.at.webry.info/

スキーにおいて怖いとされる要因の一つが「転ぶ」ですが、正しい転倒の仕方を覚えていればまず怪我の心配はありません。

ポイントとしては、転ぶ際には必ず横向きになることです。

スキーは安全に転ぶ方法があります。これを事前にマスターしておく方が、今後安全に滑る事が出来るので、平地で練習を行いましょう。
スキーは、スピードが出ると後ろに倒れて背中を雪面につけてしまう方が多いですが、これはとても危険です。雪面にスキーが乗り、足がスキーに乗った状態になるので、滑走は止まりません。前も見えず滑り続けてしまいます。こういった状態を避ける為に転び方があります。スキーの板に対して横に倒れこみます。横に転ぶ事で、板が横を向き側面にあるエッジが利いてそれ以上滑らない状態になります。また、前後に体を持っていき転ぶ時よりも衝撃も少なく転ぶ事が出来ます。
出典:https://chouseisan.com/l/

起き上がり方の基本は

  • 上半身はべったり地面につける
  • 一番上になってる足・板を持ち上げて宙に浮かす
  • スキー板(つま先の向き)を揃える
  • 足が斜面の一番低いほうになるよう回転する
  • ひざを曲げる
  • 上半身起こす
  • 立つ

出典:http://blog.56doc.net/


◆止まり方

20140225_701816
出典:http://honnwakamatu.jugem.jp/

スキー場で滑る際に最初に覚えたいのは、速度を制御しながら滑る「ボーゲン」と呼ばれる滑り方です。

スキー板を履いたら、ハの字にしてみます。
先はこぶしが1.5~2個ほど入るくらい開き、板が重ならないようにしましょう。
足は内股気味にして、重心が後ろになるように腰を落とします。
軽く椅子に腰を掛けたような体勢を保ってください。
前傾姿勢になると滑走速度が上がってしまいます。
出典:http://www.alpencors.net/

またボーゲンから曲がる際には「シュテムターン」と呼ばれる方法を用います。

しかし現在の主流はターンが決まりやすく扱いやすいカービングスキーが主流であり、身体に負担のかかりやすいボーゲンを無理に覚える必要はないという声もあります。

滑る事になれたらパラレルターンを覚えるとかっこ良く止まる事が出来、よりスキーが楽しくなります。

この曲がり方は初心者でも主流となる滑り方になります。板を傾ける方法についてはさまざまありますが、基本的には腰と肩の位置を水平に保って足を内股にしながら板を傾けて曲がります。滑り方としては最も主流なのでだれでも身につけることができますし、板の傾きをきつくしようとすればもっと効率の良い滑りができます。
出典:https://chouseisan.com/l/


◆思い切って楽しもう

M-11
出典:http://tenshokubaitonews.link/

転ぶのが怖いという方の他に滑ってたらスピード制御できなくて怖いという方がいます。でも大丈夫!スキー板というのは良く出来てますから正しい滑り方をすると制御できるように設計されているのです。曲がる前にスキーの乗り方から説明しましょう。とにかく、前に体重をかける!
出典:http://xn--k9jzd4incuf.com/

ボーゲン等もそうなのですが、せっかくスキーに来たのに遅い速度でいつまで滑っていても上達しません。

スキーは基本的には前傾姿勢で滑るものです、怖がって後ろに重心をかける人も居ますが、これは逆に速度が上がり、制御が困難になります。


◆最終的にはパラレルで滑走出来るように

demosen-19791
出典:http://www.janis.or.jp/

パラレルターンの時も述べましたが、初心者はパラレル(並行)で滑走出来るようになるのが最終目標です。パラレルで滑走し、ターンを決めて止まる。これさえ出来ればほぼ100%スキーが出来るといえます。

それに速度も出て、制御も出来るようになれば、スキーが更に楽しくなること間違いなしです。

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 2017年4月16日は快晴の長野マラソンでした。 快晴でさらに気温上昇。FINISH地点では24度…
  2. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  3. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  4. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  5. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る