超楽しい!今話題の電動ウェイクボードとは!?

  • 2015/6/12
  • 超楽しい!今話題の電動ウェイクボードとは!? はコメントを受け付けていません。

出典:http://matome.naver.jp

電動自動車、電動歯ブラシなど、私たちの身の回りにはすでに様々な「電動」が溢れていますが、そんな中、スウェーデンの『Radinn』社が驚くべき製品を開発しました。

それは、世界初の“電動ウェイクボード”です。

ウェイクボードとは、足にボードをつけてそれを船に引っ張ってもらい、波やターンを楽しむことを目的とするウォータースポーツのこと。
テレビや映画で一度は見たことがあるかと思います。
船の引き波を利用して空中を自在に舞うことのできるその楽しさは、サーフィンでは得られないものがあり、アメリカ西海岸を発祥として全世界に広がりました。

今回、発明された電動ウェイクボードは、その従来必要とされた船すら必要としなくなる代物。
世界中のメディアから注目を集めている、ありそうでなかった電動ウェイクボード。
今回は、その魅力に迫ります!

出典:http://matome.naver.jp

楽しみ方

Ignite_61938_4
出典:http://www.excite.co.jp

仕組みはいたって簡単。ウェイクボードの後方部に搭載された強力なモーターからジェットが出て、何もせずとも前に進むことができます。
船に引っ張ってもらうことなく、ウェイクボードが楽しめるというわけです。
右手に握ったワイヤレスのコントローラーで操作します。
港町で乗れば、みんなの視線をゲットできること間違いなし!
「スパイダーマンの悪役みたい!」と言われる可能性もありそうですが、そういうことを言うやつには水しぶきをかけてやりましょう。
出典:http://news.ameba.jp

特徴

czMjYXJ0aWNsZSMzNzc3NiMxMzYwNDcjMzc3NzZfdFZNUHdQb3RMbi5qcGc
出典:https://www.value-press.com

公式サイトやFacebookに掲載されている商品概要によると、電動ウェイクボードには以下の主な特徴があるとされています。

・スウェーデン・Radinn AB社製
・オンボードコンピュータシステム
・iOS/Android対応スマホアプリ
・GPS搭載
・ワイヤレスのハンドコントローラによる操縦
・効率的なジェット推進
・軽量の炭素繊維構造
・軽量のリチウム電池
・車やボートで運ぶことが出来るコンパクトサイズ
・標準的なウェイクボードのバインディング(足固定器具)との互換性
・スピード 20~25ノット(10.3~12.8 m/s≒37~46km/h)
・バッテリー 最高速度維持で20~30分、一般的な使用方法で45~60分
・充電池 交換可能バッテリー、お使いのコンセントや充電量に応じて約1~3時間充電
・コンポジット カーボンファイバー。ジェット推進モーターおよび他の全てのメタルパーツは耐塩水処理済み。
・重量 約29キログラム(バッテリーを含む)
出典:http://domore.shop-pro.jp

29kgという重量がはたして十分に持ち運べる重さなのかは、非常にあやしいところではありますが、最高時速約46km/hというのは、なかなかのスピードですよね。

お高いんじゃないの?

さて、この魅力たっぷりの電動ウェイクボードですが、気になるお値段は、270万円(税別送料込)!!やはり高いですね。簡単には手が届きません。

私のような庶民は、当面の間はどこかの業者がレンタルしてくれるようになるのを待つしかないようです……

以上電動ウェイクボードについてお話しさせていただきました。

お高いですが、これさえ手に入ればモテモテ間違いなしですね。この期に皆さんもご検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントは利用できません。

話題をチェック!

  1. 出典:https://feature.cozre.jp/ もういくつ寝ーるとお正月〜 は…
  2. 出典:http://locallife2.blog.so-net.ne.jp/ 新年の走り初め…
  3. 出典:http://www.anawalls.com/ ウィンタースポーツの二大巨頭といえばス…
  4. 出典:http://tenmitaka.at.webry.info/ [speech_bubb…
ページ上部へ戻る